ジャニーズ楽曲大賞2019

ジャニーズ楽曲大賞2019

楽曲部門第111位(501ポイント獲得)

「LADY, LADY, LADY」20th Century(V6)

  
  • ディナーショーで生の歌唱を聞き、惚れ直した楽曲です。 1
  • トニセンの大人の魅力たっぷり。私自身が言われたいような事が歌詞に全て詰まってる大好きな曲です。
  • 大人っぽくておしゃれで、渋さもあるさすがトニセン曲!!!ディナーショーでのパフォーマンスもかっこよくてしびれました。このおにいさんたちは永遠にかっこいいんだな! 2
  • トニセンは坂本さんは最早フィールド違うレベルだし井ノ原さんもポップシンガーとしてうまい中で、どうしてもあとの一人だった長野くんがここにきてようやく活きる曲がきたと思って感激した。 10
  • トニセンのそれぞれの声が重なって素敵な楽曲。大人の女性の気持ちを歌った楽曲
  • トニセンに口説かれてる気分になれるからみんな聞いてほしい 2
  • 聴けば聴くほどクセになる曲。 今のトニセンによくあった曲だと思います。 1
  • まさかディナーショーで聞けると思わなくて、口が開いたまま見てたんじゃないかと思うほど驚きました。
  • サウンドがとにかくおしゃれで好みなのと、さりげなく鋭く、そしてやさしい歌詞がトニセンの歌声にフィットしてずっと聴いていたくなる。 1
  • オシャレなサウンドで一瞬で好きになりました。歌詞も好きだし「その指で破こうとしてる」の井ノ原さんが大好きです。トニセン3人の英語歌詞の歌い方も好き。トニセンの歌のクオリティが高いのは当たり前ですが、それでもうますぎて毎回びっくりしてしまいます。オシャレさと大人の成熟さがたまりません。 2
  • ディナーショーでファンキーにしなやかに歌い踊るトニセンがとにもかくにもカッコ良かった!
  • ディナーショーで見た時鳥肌立ちました…:(´◦ω◦`):ガクブル
  • 【こちらもライブ待機中】 2
  • まさかの初披露がディナーショーで見れていない人も多いと思うので、映像家希望です!!!
  • 女性を鼓舞するような歌詞が歌われているこの曲ですが、トニセンだから歌える曲なのかなと思います。何度この曲に勇気づけられたかわかりません!!! 1
  • 聴いた瞬間「なんだこれ!新しい!」と思いました。 四つ打ちのEDM×エレキギターのギュインギュインのリフが斬新だけどどこか懐かしい、まさに20th Centuryにふさわしいオシャレな楽曲です。 ディナーショーで初パフォーマンスしてくれましたが、25周年ツアーでも是非踊って欲しい! 3
  • エロい大人の魅力を感じた
  • 長野くんの歌声にズッキュン⭐︎ 1
  • Dinner showで女性ダンサーと絡んて、色気ただ漏れのトニセンが最強。リズム感が気持ちいい、一緒に"揺れてLady Lady Lady"したいです。 1
  • トニセンの声が最高に好き!振りがどうなるのかを見たい
  • トニセンが放つ大人の魅力を感じます…。
  • トニセンになら胸の内の弱さを暴かれても良い、と思って泣いた。ヒールを履いて跳ね歩く様なリズムにおしゃれなメロディ。土岐麻子さんによる繊細な歌詞にトニセンの歌唱が驚くほど映える。長野さんの甘く掠れる恐ろしくピュアな声がかなり効いていると思う。 5
  • さすが大人アイドル。価値観のアップデートが出来ている彼らだから女性に寄り添った歌が歌えるしそれがきちんと受け入れられると思います。 また、途中に挟まれるギターのメロがかっこよくて痺れます 2
  • 3人の大人の落ち着いた声に心地よいメロディがあわさって、夜の街で聞きたい曲。長野くんの声が可愛い。
  • ディナーショーで初めて生で聴いて震えた
  • 全てが最高。 1
  • 夜の首都高を走っているような、耳に残る曲
  • 不思議なイントロから始まる楽曲。 こんな不思議な雰囲気の曲でも歌えるトニセンがすごい。 途中でエレキギターが入るのもおもしろい。 この曲は終始長野くんの声がただただ可愛い。
  • トニセンだから歌える大人の色気全開な曲です。中でも「その指で破こうとしてるんだ」の箇所で順番に訪れる3人のアンニュイな歌声は素晴らしいです。 2
  • ディナーショーで披露されたが、振り付けとともにかっこよかった。
  • ディナーショーで観た3人は本当にかっこよかった!!! 1
  • よく聞けば微妙に違う、トニセン三者三様の「LADY,LADY,LADY」の歌い方がクセになる。25周年に向けて「Ready」と何度も問いかけられている気がして、今からワクワクする。
  • トニセンらしい、スタイリッシュな曲です。おしゃれな詩もすてきです。
  • リズムや歌詞、また井ノ原さんの感情を込めた歌い方が好きで投票しました。
  • 井ノ原くんの「破こうとしてるんだ」が優勝。色んな種類の「大人かっこいい」を見せてくれるトニセンの、新たな「大人かっこいい」がこの曲。 4
  • めちゃくちゃ色気があってかっこいいです
  • 大人の男の人にこんなこと言われたい!
  • トニセンは、こういうメロウでロマンチックな曲が良く似合う
  • トニセンの曲としては少し珍しい雰囲気でしたが、聞けば聞くほどやめられなくなるスルメ曲でした。 ディナーショー で聞いた後、この曲が頭から離れなく、個人で気に最沸騰しました。
  • トニセンディナーショーで聴いて、自分の中での魅力が開花しました。
  • トニセンのかっこよくてオシャレで小粋な感じがよく出てる曲で大好きです〜!!聴いて一発で好きになれるパンチがあって良い曲だと思います 2
  • レディって言葉は粋なおじさまが言うとすごく素敵。聴いているとこちらもレディな気分になる。 2
  • 坂本井ノ原両氏のセクシーボイスと長野氏の無垢な声の対比がたまらん。 1
  • トニセン3人の声色が600%生きている曲です。特にラスサビ前”cause you're a woman なんて言葉まだあなたの 心を 鎖のように縛る” を苦し気に歌い上げる井ノ原さんの声色を前に崩れ落ちることしかできません。 7
  • 得体の知れない歌詞、怪しさ満点なシティポップ感、最高ですね。土岐麻子氏が作詞、もうこの文字列の時点で優勝ってわかりますでしょ?
  • ちょっと異色な感じがしますが、ソロパートかすごくよい
  • 社会から押しつけられる女らしさから脱却しようとする女性をそっと支える男性像、を土岐麻子がトニセンに託したという面白ねじれ構造の曲。この内容で説教にも陳腐にもならないのは土岐さんがすごいし、重ためな四つ打ち曲でこれをやるのが最高にクールでかっこいい。大人って最高だよな。 14
  • こんなにもふわっと歌えるトニセンがとてもカッコいい 1
  • "見ているよ 聞かせてよ その生きづらさのわけを"って自担に歌われる日がくるなんて……少し泣くなど。トニセンのラジオを聞いてると、3人ともが本当に心から女性を愛し尊敬しているのが伝わるんですが、そんな3人が歌うからこその曲です。 5
  • 3人の声がキレイにミックスしてて、女性を大切にしてくれそうな3人だからこそ歌に深みが出ていると思います。
  • 学生時代には感じたことのなかった「自分が女であること」をわざわざ実感させられた日、帰路につくひとりの車内で聴いて泣きました。私にはトニセンがいる。この曲を胸にまた職場へ向かいます。 5
  • 長野くんの優しい歌声での「見ているよ聞かせてよその生きづらさのわけを」で泣きそうになりました。 6
  • カッコイイ!いろんな人に聴いてほしい!音数の少ないポップでファンキーなサウンドに、ハードロック調のギターソロがギュンギュン入るのがクセになります。 土岐麻子さんの作詞は、自分らしく生きようとする女性への応援歌になっていて、それを人生経験豊富な大人の男性3人が歌ってくれるのが心強く感じました。 それぞれの歌声ももちろん素敵で、とくに井ノ原さんが声をちょっと裏返させるのが色っぽい。 聴くたびに、より一層トニセンのことが大好きになります。 1
  • めっちゃ好きなので早くLiveで歌ってくださーーい!!!!!!
  • トニらしい大人感溢れる。私に歌ってほしい〜ってなる。夢女にさせられる…
  • ディナーショーで披露された一曲。生のパフォーマンスを見て、一気に好きになりました。
  • Aメロで歌う長野くん中心に、一番二番で井ノ原さん坂本さんが交互に歌っていくのが凄く好きです。Cメロの井ノ原さんソロのところでの歌い方、息遣い、表現力がたまらなくて、本当に色んな歌い方が出来て凄いなぁ…と思った大好きな曲。 1
  • 「見ているよ 聞かせてよ その生きづらさのわけを」って自担に語りかけられて、ちょっと救われた。
  • 手練れのエンターテイナーここに在り、という感じです。大サビ前の井ノ原さんの歌声に恋しない人がいるだろうか、いやいない。 3
  • 土岐麻子さんもトニセンも大好きな私にとってこんな素晴らしいコラボ曲が好きじゃないわけなかったです。
  • トニセンの色気集めました感つよくてたまらんやつ!
  • 頑張っている全ての女性に聴いてほしい歌。 シンプルかつ洗練されたメロディとトニセンの優しく綺麗な歌声がとてもマッチしていて大好きです。
  • 抽象的な言葉とどこか歪んだ音の中に女性の生き辛さが滲む曲。歌詞の通りに現実では色々あるけど最高にカッコいい大人が「見ているよ 聞かせてよ その生きづらさのわけを」と歌う世界でならば、きっと大人になるということも悪くないはず。 1
  • おされーーーーーーー! トニセンの濡れた、おとなな声がすき 11
  • 2019年末にディナーショーでこの楽曲を歌い踊るトニセンを見て、本当にこの人たちを好きになってよかった…と思いました。 1
  • 不惑を超えて色気をまとったトニセンが女性の気持ちに寄り添った歌を歌ってくれるなんて…女に生まれてきて良かった…とにかく歌唱力が抜群でダンスもセクシーで最高です。
  • そう来ましたか!という第一印象だった楽曲。トニセンが歌うアダルティーかつしっとりとした雰囲気、カミセンが歌うとどうなるんだろうという妄想が膨らむ一曲。 2
  • 奇跡のおじさんたち
  • 色気が
  • 早くナマでみたい!コンサートまでお預けかと思っていたけど、ディナーショーで見られて最高!大人の魅力だだ漏れ
  
  

「SHOWTIME! 」A.B.C-Z

  
  • 舞台を思い出せる 12
  • 最高のSHOWへと導かれ入り込める一曲だから。 1
  • わくわくが止まらない。この一言に尽きます。 1
  • ABC座で披露されA.B.C-Zが5人で主演を果たしたぼくらのショウタイムの主題歌にも抜擢されたこの曲、この曲を劇場で聞いて思わず泣きました。今宵君だけのA.B.C-Zなんてこんな幸せな歌詞あります? 7
  • もーーーーーーーーーーこれはほんとにすきですはやくえび座円盤化してください 2
  • ABC座の曲を音源化されて嬉しかった 2
  • えびざ………なんで映像化してくれなかったんですかね……曲聞くたびに懐古して涙しています…音源貸してくれてありがとうの気持ちを込めて、投票します。
  • こちらもまた主演舞台でオープニングで歌われた歌。今から極上のSHOWが始まるワクワク感を煽る煽る。そしてまた歌詞の中にダメ押しの「A.B.C-Z」が出てきます。素敵なショウタイムの始まりはイコールA.B.C-Zである、とパブロフの犬のような条件反射で紐付けされる。A.B.C-Zはグレイトなショーマンなのである。 3
  • 最高にテンションがあがる!みんなこれ好きですよね?1回聴いて!
  • A.B.C-Zグループ主演舞台ABC座2018ジャニーズ伝説からの曲。 今年はメ〜テレ特別ドラマ「ぼくらのショウタイム」の主題歌にも使われました。 今から何が始まるの?とドキドキワクワクさせてくれます。  2
  • A.B.C-Zは最強なので。 5
  • 舞台で聞いてからずっと好きな曲
  • これから何が起こるのか、何を見せてくれるのかワクワクが止まらない、メクルメクエンターテインメントな曲。 3
  • 劇場に一歩足を踏み入れたようなワクワク感満載の一曲!
  • えび座〜〜!ショーが始まる高揚感をめちゃくちゃ感じさせてくれます! 1
  • 2018年のA.B.C座で発表され、2019年1月のLBT横アリ公演でA.B.C-Z主演ドラマ「ぼくらのショウタイム」の主題歌に決定した曲。コンサートでもぼくショウの衣装を着たメンバーが出てきたり、A.B.C-Zとえび担にとって思い出深い曲。 3
  • メーテレのスペシャルドラマで映画館上映されたA.B.C-Z主演ドラマ「ぼくらのショウタイム!」の主題歌としても忘れられません。「ジャニーズ伝説2017」のOPでは、ショーの幕開けにふさわしい華やかな雰囲気の曲だったのに、ドラマでは泥臭いテレビの裏側を支えるスタッフの奮闘にぴったりで、真逆の場面両方に似合うことにびっくりしました。夏のコンサートではその両面を楽しめる演出になっていたのも良かった。 4
  • ワクワクするのに子供っぽくならず、大人な雰囲気が良い
  • 2018えび座のあのワクワク感が音源化!バック担ながらとても嬉しかったです。担当がこれを歌ってるえび担羨ましい〜
  • 「ぼくらのショウタイム」を見てから好きになった曲!
  • A.B.C-Z主演ドラマ主演映画の曲ということで印象深いです
  • メーテレさん発のドラマ ぼくらのショウタイム がイオンシネマで上映されました。主題歌のこちらは要所要所でかかり、気持ちを高めてくれました 1
  • これぞA.B.C-Zという曲。
  • A.B.C-Zは最高のエンターテイナー!
  • \今宵君だけのA.B.C-Z!/この一文だけで最高なのは明らか。えっ?私だけのために歌い踊ってくれる??どう考えても最高。優勝。 5
  • イントロのドラムがたまりません。この曲をきっかけにジャズでよく使われるドラムフレーズと知りました。他の曲で耳にしたときもSHOWTIME!のわくわく感が蘇ります。 3
  • ウチらが求めてたエンターテイメントじゃん! 1
  • こういう曲を背負ったA.B.C-Zは無敵。言葉はいらないので全人類に見て欲しい。 2
  • 生のステージでこそ最大の魅力を発揮するA.B.C-Zにピッタリだと思った。打ち込みより生音感の強い楽曲のほうが彼らと相性が良い。 3
  • えび座のオープニングで使われていた楽曲。 これからSHOWTIMEが始まるワクワク感のあるこの曲が大好きです。 2
  • 舞台の為にある 華やかな一曲。
  • えび座を思い出します! 今年はやらないのかな…
  • 2017年のABC座で初披露された曲で、名古屋テレビ制作のドラマ「ぼくらのショウタイム」の主題歌として改めて使用され、リリースになった曲です。曲調の華やかさがステージ上の華やかな彼らにとてもマッチする、A.B.C-Zらしい曲だと思います。 3
  • ABC座で披露され、A.B.C-Zの主演ドラマの主題歌になり、映画館でも上映され、たくさんの思い出が詰まった曲です。 2
  • ちょっと妖しげなサーカスっぽい曲調が舞台メインで活躍しているA.B.C-Zにピッタリで、今宵君だけのA.B.C-Zって強めの歌詞も最高です。 2
  • 『Welcome to SHOWTIME!今宵君だけのA.B.C-Z Tick-Tack まだまだこれからさ』『We Are Entertainers!“A.B.C-Z” Entertainers!』A.B.C-Zが歌うこの歌詞に痺れた。"エンターテイナー'という言葉がこんなにも似合う、舞台に映える人たちはいないと秋の日生劇場で心の底から思った。伝統に忠実に、ジャニーズの伝説を受け継ぐ、生粋のプロフェッショナル。ジャニーズ事務所の宝だと改めて感じて本当に誇らしくなった。 7
  • 今年もA.B.C-Z楽曲は豊作なので悩んだがこれに1票。A.B.C-Zと言えばこれ!と言われるようになってもおかしくない良曲。 3
  • A.B.C-Zを象徴するような曲。5人を好きになったのは、変幻自在の夢のようなショーを見たからだと思い出した。舞台の上で彼らにできないことは何もない。 2
  • 舞台でしか披露されなかった曲のCD化にとても喜びました。 「お望み叶えてみせましょう」「今宵君だけのA.B.C-Z」「案内しましょうSpecialSeat お楽しみくださいPlease sitdown」などなど今からA.B.C-Zが夢の世界に連れていってくれる予感しかしない歌詞がとびきり素敵です。 2
  • ジャニーズ伝説で披露された曲が5人出演のドラマに主題歌に。劇場で聞いても、映画館で聞いてもかっこいい曲だと思いました。 2
  • えび座の曲としても、映画の曲としても、最高でした。 1
  • 一目惚れ。これぞエンターテインメント!!A.B.C-Zらしくて好きです。
  • 劇場にも映画館にもぴったりな曲。メンバー全員主演ドラマを映画館で観れた時、最後にこの曲が流れると号泣。 3
  • デルサタという東海地方の情報番組から生まれた「ぼくらのショウタイム」という、特別ドラマの主題歌です。東海地方でしか見られなくても仕方のないはずなのに、全国のイオンシネマで上映してくれて、全国のえび担で大盛り上がりした思い出の1曲です。 2
  • えび座は最高 1
  • グループ名が歌詞に入ってる楽曲は最高って決まってる!!! 5
  • 「Welcome SHOWTIME! 今宵、君だけのA.B.C-Z」のとこが好きすぎて。 1
  • これを聴くといつでも今宵私だけのA.B.C.-Zが現れるし最高だった2018年のえび座にタイムリープできる!(他担だけど)
  • えび座2018での、パネルを持つMADEとのえしず松松が思い浮かびます。特に松松ちゃんのHaパネルでわちゃわちゃしてたのはなんだったのでしょう…(可愛い)(好き)。 1
  • えび座の曲がドラマ主題歌になり、映画館での公開も決まり…人生で全く映画を観ないわたしが遠い映画館まで仕事帰りに通いました。 聴くだけでえび座もドラマもコンサートもデルサタさんも思い出せる、一石何鳥やねんという曲。濱口さんに感謝ですね 3
  • 「Welcome to SHOWTIME! 今宵君だけのA.B.C-Z」という歌詞を初めて聴いた時、A.B.C-Zのアイドルとしての優しさと使命感を感じて涙が出そうになりました。いつでもファンのことを想ってステージの上で輝く彼らが大好きです。 3
  • ジャニーズ伝説2018のオープニングソング兼A.B.C-Z主演ドラマ『ぼくらのショウタイム』主題歌。いつもA.B.C-Zがくれるエンターテイメントの文字起こしみたいな歌詞と無条件にドキドキしちゃう最高なサウンド。A.B.C-Zはあなただけのために歌い踊り舞っているのです。 2
  • とにかくお洒落!裏打ちのリズムに管楽器の音、全てがバッチリハマっていて名曲。 1
  • 踊って歌って回って楽しくてカッコよくて、できることは勿体ぶらずになんだってするA.B.C-Zのエンターテイメントそのものを表した曲。
  • ついぞ円盤化されなかったジャニーズ伝説2019のオープニング曲!合法的にA.B.C-Zを独り占めできる素晴らしい楽曲。 1
  • 元はえび座楽曲ですが、メーテレドラマ「ぼくらのショウタイム」テーマ曲になった楽曲。しかも全国ファン向けに映画館で公開されたのであのスクリーンとともに何度も聞くことができて、以前から好きだったけどさらに好きになりました。もはやこれを聞くとドラマのキャラクターを思い出します。「黄原くんー!元気ー?」 3
  • 曲がイントロからかっこいい。歌詞が、私が常々彼らに感じている輝きや信頼や憧れ、といったものそのものすぎる。ときめくあまり一瞬ラブソングだと思っていたが、恐らくどちらかと言えば自己紹介ソング。"A.B.C-Z"Entertainers! 1
  • 映画「ぼくらのショウタイム」主題歌でもある一曲。聞くたびに映画館でこの曲を聞きまくってた春を思い出します。 1
  • 初めて聴いたとき、言葉にできない好きで胸がいっぱいになりました。A.B.C-Zをそのまま曲にしたような曲。世界中のどんな観客もワクワクさせる力があると思ってます。永遠にステージに立ち続けてほしいと改めて思ってしまった1曲です。 2
  • 全えび担の願い虚しく映像化されなかったジャニーズ伝説2018の名曲中の名曲。
  • こちらもABC座2018の亡霊だったので…楽しかった公演を思い出す大切な曲です。また行きたいな、ABC座2018…!
  • 「ぼくらのショウタイム」という映画の主題歌になったこの曲。エンターテイナーなA.B.C-Zが最高。
  • イントロからもうワクワクしてくる!! We'reエンターテイナーと歌うA.B.C-Zが誘うSHOWTIMEの世界はとてもファンタジー!朝聴くと主人公になった気分になって闊歩したくなります。笑 3
  • A.B.C-Zの新たなキャラソンができました。メンバー間の気持ちやグループとファンのことを歌ったのではなく、エンターテイナーに徹する彼らのご挨拶のような曲。すごいですよ、だって今宵私だけのA.B.C-Zなんですもの。 1
  • ぼくらのショウタイムのテーマ曲だったので、この曲を聴くとあのドラマの5人がわぁっと頭に浮かびます。コンサートでの演出も神でした!
  • えびちゃんはなんていったって舞台映えする曲が似合う。曲調・ダンスのフォーメーションといい、まさにショータイムにぴったりな楽曲。そして「ウィー アー エンターテイナー」という歌詞がまさにA.B.C-Zの代名詞すぎる。
  • うぇかん、うぇかん、うぇかんしょーたぁいむ、、! 1
  • これぞA.B.C-Z! 1
  • この曲大好きです。A.B.C-Zエンターテイナーです。まさに。 1
  • 2018年のA.B.C-Zが主演した舞台、ABC座を思い出すから。
  • 「今宵君だけのA.B.C-Z」 なんてパワーワード。 私が死んだら墓石に彫って欲しいくらいクラクラした。 1
  • A.B.C-Zにしかできないショースタイルの音楽!やっぱりエビにはこういうのが1番似合う!と思わせてくれる素敵な曲でした!
  • ジャニーズ伝説にて既にお披露目されていましたが、Black Sugarのカップリング曲として音源化。またメーテレのデルサタ、よゐこ濱口さんとのコラボ企画によりA.B.C-Z主演ドラマ主題歌にもタイアップされました!ローカルドラマで終わる予定がミニシアターとして各地のイオンシネマでも上映されるという異例の出来事まで! 映画館でA.B.C-Zが見れる幸せとあの映画館の音響で聞くSHOWTIME!はまた日生劇場とは違った感慨深いものがありました。 1
  • 映画のはじまりのようなメロディから幕が開く。ここはどこ?周りを見渡せば目の前でA.B.C-Zが手を差し伸べてくれる。「お望み叶えてみせましょう」その手を取れば最後。まるで夢の世界のお姫様になって「今宵君だけのA.B.C-Z」 が繰り広げるSHOWTIME。そしてそれは魔法の時間の始まりにすぎないのです。 2
  • Hey! A.B.C-Z entertainers!! という歌詞に集約されている。まさにこれぞA.B.C-Zのステージ!ギラギラ!ダンシング!ノンストップ!誰も止められない! 日生で巨大装置をバックに踊り狂うA.B.C-Zが見える。曲調が少し懐かしい雰囲気なのも正にA.B.C-Z。これはA.B.C-Zにしか表現できない世界。 3
  • アップテンポでオープニングっぽい曲調が好き
  • 春に何回も見たぼくらのショウタイム、そしてまさか夏のコンサートでもドラマの彼らに会えるとは思ってもいませんでした。最高の一言に尽きる。
  • メ~テレスペシャルドラマ「ぼくらのショウタイム」の劇中挿入曲として流れるBGMの瞬間もED曲としても映像も相俟って最高過ぎた。 1
  • まだ2018年10月の日生から帰ってこれていません。
  
  
結果発表TOPに戻る