楽曲部門コメントピックアップ | ジャニーズ楽曲大賞2018

嵐さんが作ってきたショーがつまった一曲だと12/31に思った。たくさんのJr.をバックにつけて歌う5人の姿はとても眩しくて同時に儚いと思った。たくさんの素敵なショーとステージをありがとう。幸せでいてください。
「握りしめていた糸」が、「握りしめていたいと」と願いのように聞こえてきたときに、胸がギュッとしました。叶うとは限らないとわかっているけれど、それでも願わずにはいられない。自分の意志で飛ばすカイトを、それを見守る人々を、ふわりと包み込む祈りの暖かさが優しい曲です。
何よりこの1年いついかなる時も、水の中でも朝の情報番組のスタジオでも世界配信されていても、この曲がかかった瞬間にこの世の終わりかのような激重悲壮感を醸し出せるSixTONESが凄かった。
前奏とAメロの旋律がとっても聴き心地が良くて、思わず何回もリピートしてしまう曲です。2番の出だしの五関くんの歌い方がとても切なくてこの主人公の気持ちに感情移入してしまいました。
7 MEN 侍の今野大輝くんがサマーパラダイスで歌っているのを聞き気になって木村さんの原曲を聞きました。綺麗で清らかで、大切な人が想うことへの羨望が生まれました。バイオリン等の音がとても好きです。
やっぱり中毒性のある4つ打ちの曲でガシガシ踊るのが本当に似合うしかっこいい。ものすごく配信映えしてたのに記憶からは消えかけていてツラいので早く映像化してわたしを救済してください。
戦乱の世、正に今から開戦するという雰囲気。赤い旗を掲げ総大将のジェシーを担ぐ陣形を取るSixTONESは最強の戦闘部隊の様。大量の軍勢に少人数の精鋭で挑んだチェ・ゲバラ軍かよ。
調べたらやめピュア・やる気まんまんソング以来3曲目の超希少な一人称「俺」曲。ロックでカッコいい激重心中ソングで、光一さんに「俺の人魚」と歌わせたの天才!!
今年は1年ENDLESSSUMMERだった。冬もENDLESSSUMMER。キスマイが終わらないといえば、共演の森山直太朗さんが「夏の終わり」を歌い上げていたって、終わらないんだ俺たちの夏は。。。
直木賞候補作家に「俺が見たいのはもっと奥さ きみのことかき混ぜたいんだ」と囁かれるのはこの曲だけ
イントロが流れだした瞬間の輝き。「後ろ指さされたら 俺たちゃ未来指差して走っていこう」の背中の頼もしさ。今までも最高だったA.B.C-Zがこれからも最高であることが証明された曲。
学生時代をHYと共にしたアラサーにグサグサ刺さる最高の失恋ソング。あのHYならではの胸を締め付けるリアルな感情を自担に歌われたらもう泣くしかない。沁みる。恋愛はHYが全て教えてくれた同世代の全人類に聴いてほしい。間違いなく刺さるから騙されたと思って聴いてください。
堂本剛はラップも一流なのです。
アニメ主題歌だから作品の世界観を表現しているはずなのに、まるで本人達の境遇を歌っているかのような歌詞に聞こえて、「Snow Manはアニメキャラだった…??」となる楽曲。
ずっと大切に歌い続けられてきた「エンドレス・サマー」が2020年「Endless Summer」という形になって、またこの手元に届けられた。投票理由はそれだけで十分だと思った。いつか2020年の夏が「あの夏」になった時に笑って扉を開けられればと思う。
玉森二階堂がB型のB型によるB型あるあるソングを歌うとこうなりました。お洒落ファンクに乗せて「Type"B" ぽいよね〜」と軽やかに歌い上げるその姿こそがまさにザッツB型ザッツにかたま。こんなのもうお手上げですわ
剛さんが2002年から歩み始めた、自身の音楽の新たな到達点。「これだけの日を跨いで来たのだから」という初期から歌われる名歌の続きの音楽で、剛さんは痛みも愛もすべてを抱えて歩むんだと改めて痛感する魂の1曲です。
マリウス様無双。英語の発音だけの話では無い冷んやりしてるのに暖かい、安心できる霧の中に居るような曲あと、やはり菊池さんは耳が良いんだなと思った
KinKiコン バンドマスター吉田建さんによる楽曲。KinKi Kidsのコンサートでのキラキラや幸せや皆の笑顔が見える音楽。多幸感溢れるアルバム通常版ラスト曲
メロディーが良すぎる永遠に聴ける。Cメロでぐわっと思いの丈が溢れ出してしまうのがとても良いしそのあと落ちサビできゅっと心を掴んでくるのがズルい曲だなあと思います。顔の良いアイドルたちが叶わない恋を歌うのってなんでこんなにもイイのでしょうね。
これはずるい。女王蜂アヴちゃんの多色な声を発せられるのは大人数の強みだし。天界生まれ温室育ちだと思っていたのに。こんなプロ集団だなんて。こんな声出せるなんて!こんな踊りするなんて!こんな発信の仕方するなんて!!こんなの、こんなの、くそかっこいいじゃないか!
投票できる日をずっと待ってました。冬帝劇の「世界中の人間が日本に憧れ、そしてその中心である東京に憧れました」でそんなに?東京の評価そんなに?ってなってからのパフォーマンスで「そりゃこれ見たらね~~!!」と帝劇の背もたれに背中を預けるのは私の中で最早風物詩です
遠い昔のおぼろげな記憶にあったあの曲に、まさか令和の世に再び巡り合えるとは!あらためて聴いてみると若さ漲る少年隊の魅力が詰まっていて、当時の現場で見てみたかった!これ絶対楽しいやつ!!
「ここにいて」の大切さを学んだ去年。辛いことがあったら頼ってほしい。愚痴でも文句でもなんでも吐き出してほしい。いなくなりたいと思ってしまう前に。「君を受け止めるために僕がいるから」。オタクからアイドルへ捧げたい曲。
Sexy Zoneといえばトンチキのイメージが強いと思いますが、ここ最近のSexy Zoneの曲はとにかくオシャレ。所謂"チル曲"が似合いすぎ、上手すぎ!そして顔もいいと来た。最高じゃん…好き…
「これが恋なのか 予測変換や計算で測れない 君が頭に引っ付いて離れなくて何も集中できないよ」なんて歌われて冷静でいられるわけがないし胸が苦しい。恋煩いってこういうこと。
3人体制になって初めてのCDのカップリング。正直ちょっと心配していたところが、これまでを超える素敵な楽曲に大感動した曲でした。NEWSからの素敵な応援歌もう一つ増えました。
‪歌とパフォーマンスで人の心臓を殴れるグループだと教えてくれた一曲。‬‪頑張っている証拠だよ、置いてきぼりなんて言わないで、完璧じゃ疲れちゃうよ、らしくいこうぜ、と肯定フレーズのオンパレード。そんなにダメな俺を許すなよと涙が止まらなくなる‬
混沌とした2020年春に突然舞い降りてきたジャニーズトンチキの集大成みたいな曲でしたね。作詞も作曲も振りもすべてがジャニオタDNAにすでに組み込まれてるものなので初聴きのときからポカリみたいにすんなり身体に浸透しました。
レゲエのご機嫌なリズムで明るい歌詞、悲しい出来事が多く沈みがちな気持ちをPositiveにしてくれました。dTVのライブ配信で披露された映像がその時出来る事で精一杯励ましを届けようとするキスマイの気持ちが伝わって泣けました。
アルバム『To-y2』のシークレットトラック。正に「今」頑張る受験生や春へ向けて新しい一歩を踏み出す方に届けたい温かな想いが詰まっている名曲。横尾さんが制作を依頼し横尾さんが歌割りを決めた思い入れある曲です。歌い出しの宮田くんの優しい美声に涙
まふまふさんがくれたJUMPらしいザ・アイドルソング。1サビの後で『宏太、雄也、慧、光、大貴、圭人、涼介、裕翔、侑李、Hey! Say! JUMP』みたいなコールしたい。JUMP担の皆さん、及び公式!いかがですか。
「父は言った『逃げていい』」と2020年の価値観を提示するこの曲は、本来の制作意図を果たせなくなった2020年にむしろその輝きを増した。常にそこにいて、時に憧れの対象になり、時に傷に寄り添ってくれる嵐だからこそ歌える、心の応援歌だと思う。
つよしくんが歌ってくれるなら、明日はきっといい日になるよ。
開始2秒で最高を確信した。執拗に繰り返されるフレーズで滲み出す焦燥感とゴリゴリの重低音でつくられたジェットコースターに振り回されるスリルがたまらない。この強気なmaking love songがデビューシングルのカップリングだという事実に何度でも度肝を抜かれる。
「素直になれない僕に恋しておくれよ」「泣きたいほどに僕は恋しているんだよ」という訴えがせつなかわいい!!!「恋は鮮やかに世界を彩るもの でも時々やりきれないよ 逆説的」もオタ活と重なってそれな〜〜〜ってひっくり返ってます
リナリアの花言葉(この恋に気づいて)が可愛い。歌詞に山Pの優しさが表れているなと思う。「どんな場所にも花は咲くんだ 本当の事は言わなくていいよ 僕が君を抱きしめる」世界に羽ばたく山Pにそのまま返してあげたいぐらい素敵な歌詞だと思った。
tofubeatsさんに携わって頂いたこの楽曲ですが、乳首スケスケ衣装を着て歌唱し、間奏にJr.に絡みながら謎のラップを入れる中島健人さんが見れる「SexyZone LIVE TOUR POP×STEP!?」は2/10発売です!ぜひご覧あれ!
A.B.C-Zには雨の歌が似合う…と100年前から言い続けてきた甲斐がありました(嘘)ユニゾン好きにはたまらない、5人の声のそれぞれの組み合わせがすごく心地よい、優しい響きのバラード。
Sexy Zoneが築いてきたトンチキだけではない”新しいSexy Zoneらしさ”の現段階の集大成的曲。セクシーで上品でオシャレでノスタルジック。Sexy Zoneにドンピシャに合う。こういった曲がシングルカットされることが喜ばしい。
曲中の「はなさないで…」ってささやき、誰が言ってると思います?まさかの知念さまですよ。「はなさないで…」聞くたびに「もう知念さまがクランメリアだよ…!!」って思う。クランメリアが何か知らないけど。クランメリアって何?
どんな会見より、説明より、音楽で語るのが木村拓哉らしい。「想像以上絆は強いし」「また会う日まで」「僕は独りじゃない」「君の声は聞こえてる」ずっと聞きたかった言葉が詰め込まれている気がして、聞くたびに胸がぎゅっとなります。
うちの松永がコラボできたことを物凄く嬉しそうにラジオで話してたもんで、、、キンキの兄さんたちありがとうなぁ、、、
メンバーの低音と程よいラップで繋ぐ日常物語。歌詞に切り取られた何気ない毎日の一コマが、普段は手の届かない所にいる彼らを、隣で微睡んでいる彼のように錯覚してしまってドキッとさせられる。私の嫌いなトマトを食べてくれる裕翔くんが見えます。
好きな曲はリピートしたくなるという常識を覆させられた曲。この曲はリピートしたくない。好きすぎて、エモすぎて、狂いそうになる初聴特有の感情ってありますよね。それを失いたくないんです。
Sexy Zoneの表現力が素晴らしい一曲。重たい愛の歌は中島健人にピッタリだな……
メッセージ性の強い歌詞とエモーショナルなメロディが私の語彙では言い表せないほどに良い。めちゃくちゃ良い。そしてWESTの歌における表現力の高さにおったまげる。歌詞の強いメッセージに負けない強さが彼らの歌声にはある。だからこそ、この曲は深く心に響くのではないだろうか。
通常版も好きですが、盆踊りバージョンも日本の夏って感じがしてとても好きです。振り付けはなんといっても美 少年のダンスリーダー藤井直樹くんが振り付けをしています。簡単な振りになっているのでマネしやすいです。いつかこの曲をコンサートでみんなで踊りたいなぁと思いました。
こんなにも心が弾む曲があるだろうか?いや、無い。JUMPへのときめきは嘘じゃない。いのちゃん?踊ってよ伊野尾くんらしくって言われてますけどまだですか?
「信じる」ことは「勇敢」だと。辛くて苦しくて、彼らを好きにならなければとほんの少しでも思ってしまった心が、この言葉に救われた気がした。数多届いた言葉の中からこの言葉を選び、届けてくれた彼らに連れ出されるまま、次はどこへ行けるのかと楽しみで仕方がない。
3人しか歌えないどうして世に出さないの?泣
待ってました音源化!少年隊って、じつは…各々のメンカラがタイアップCMをしたチョコレートの色っていう、可愛らしさ大爆発グループなんですよね…。かわいいね〜。食べちゃお~。
アヴちゃん節に染まりながら自らの曲として完成させていくHey! Say! JUMPに無限の可能性を感じる。詞も音もひとつ残らず掬い取って堪能したくなるほどの絶品。初めて聴いたときの衝撃が聴くたびに蘇る。恐ろしいほどの中毒性。
「信じてくれた勇敢な君を僕らが連れ出すよ」という歌詞がとても好きです。元々勇敢だったわけではなくて、諸々の出来事は辛かったし逃げ出したくもなった。でも、貴方達が言葉と行動で信じさせてくれたから、今もここにいるんだよ、って伝えたいです。
単純に過去の曲歌ってくれるってのが嬉しかったのと、えびのラジオにリクエストしたら採用された思い出に
この良いこと悪いこと本当に様々あった2020年を共に走った曲。未満警察の主題歌としてだけではなく、個人的にはこの1年の主題歌でもあるなと思います。5人のRUNが披露された日、これからも5人で走り続ける強い意志を改めて感じました。
「間違っちゃいない」から「間違っちゃいない。」へ。葛藤も衝突も何もかも間違っちゃいなかったんだ。この7人が7人であること、この7人を好きなこと、何も間違っちゃいない。この一曲を聴いただけでもそう確信できる。
リボーンシリーズではこれが一番好きで、全英詞でも結構しっくり来てる。全くジャニーズ聞いてない時から気になってた曲なのでまさにまた新しくなって邂逅した気分!
"俺だけのもの よそ見なんてさせない"この歌詞と鋭い目つきに撃ち抜かれました!キスマイはちょいワルでオラオラしてるのが最高にかっこいい!いくつになってもこういう肉食さを失わないで欲しい!
ジャニーズって最近全編英語詞ブームなの?歌えないし普通に日本語にしてよもう、そんな曲ハマるわけ………ホンマや!!!明石家さんまのような手のひら返しでハマってしまいました。マリウス様。。
コンサートの一曲目だったのだが、ポップアップでこの曲とともに現れた木村様を見た瞬間、腹の底から乙女の悲鳴がでた。10才若返った。キムタクはアンチエイジング。
木村くんが再び音楽をやるってだけでも最高でしたが、特にこの曲はどことなく懐かしさを感じて好きです。(提供者があの方だからかな……?)誕生日に聴くと木村くんに祝って貰えた気分になるのでオススメですw
セクシーに似合うのはずっと前から、こういう女の子を振り向かせるためにがんばる男の子の歌なんです!配信ライブの際に「腐れ縁で幼なじみ」の歌詞でふまけんがカメラに抜かれたとき最高すぎてぶっ倒れました。
Catapult様~~~!とひれ伏したくなる曲です。某ウイルスの流行に腹を立ててばかりの2020年でしたが、配信になったおかげで当初のツアー日程後に発表されたこの曲のパフォーマンスを見られたことだけは良かったなと思っています。ガシガシ踊るキスマイ、最高だもんね?
アルバム初聴時から1番好きだと思った、シティポップなサウンドが超オシャレな楽曲。「魔法も解けそうなPM11:00」は2020年オシャレな歌い出しランキング堂々の第1位です。配信コンサートでのセトリ落ちは一生ゆるさない。
パラパラテイストでバチバチにテンションが上がる一曲。やる気がみなぎります。ORESENが「俺たちは戦士だ」の略だったこと、オタクは一人も当てれませんでした。プロデュースした岸くん、天才すぎない?
キスマイの俳句コンビユニット。夏井いつき先生の蝶の句を繋げて一つの曲にするという斬新な試みで、蝶、和楽器、和装、とオタクの大好物を詰め込んだThe和な一曲。とにかくかっこいいので全ジャニオタに自信を持って勧めたいです。
煌めいてStory〜の山田涼介の説得力がすごすぎる。ドームのスクリーンで見たら5万5000人全員が「たった一人に選ばれたの、私だ…!」と思わせてくれるであろう山田涼介の美顔を拝める日が早く来ますように。
当時見ることが叶わなかったこの曲のダンスや表情などが鮮明に目に浮かぶ、あの頃の少年隊のきらめきを閉じ込めた、生きた化石のような楽曲。
お休みが明日に控えている時しか聴けないソング。配信ライブでは日替わり楽曲としてなぜか"土日"に歌われました。許せない!!!歌声に遊びを入れてくれる曲が好きなのでそのような曲がほぼなかった2020年において貴重な存在です。
chelmicoとMikeneko Homelessにソロ曲の楽曲提供してもらえるジャニーズなんて菊池風磨しかいないでしょ。お洒落でちょっとエッチな歌を歌わせたらジャニーズイチ!ヨッ!菊池風磨!!
関西の明るいおにーちゃんから次のステージへ、コンサートに行かないとみれないかっこよさを露出すると決めたジャニーズWESTの姿に震えるファン。私の場合ティザーが流れた瞬間いつも使ってる駅で迷子になりました、かっこよさの衝撃で。
6月の配信でいきなり披露された時、汗だくで歌うA.B.C-Zが実体化された美しくきらめく愛のようで泣いてしまいました。別世界からじゃなくてどこか地続きの世界からまっすぐな愛と励ましをくれるA.B.C-Zの優しさにはいつも支えられてます。
友達に会うと言って出かけて見覚えのないキスマークを付けて帰って来るような彼女を愛し抜く覚悟は出来ているという歌詞が健気過ぎる。この歌詞をセクゾに歌わせたことがドSで天才で最高です。でもセクゾの5人の中でこんな彼女を許せる人はいないでしょうね。
あれ、SixTONESの曲やばくね?って気付き始めるのに最高な曲です
自担と同じ曲を聴きたくてアルバムを購入。LOVE PSYCHEDELICOさんも好きなので木村さんとの夢のコラボにときめきました。自担も「好きな曲」として挙げていて嬉しかったです。
2年間聴くことができず、ずっと避けてきた曲だった。Re:8EST として新たにレコーディングしたことで、聴くことができた。過去を認め前に進む彼らを見て、苦しかった2年が救われた。
恋焦がれボイスを操る田中樹ラップから始まります。Rap作詞はJuriTanaka。濃厚な海外映画からインスピレーションを受け、女友達に「本気の恋したことある?」なんて聞いて作られた曲になんだかみぞみぞする曲です。
サブスクのプレイリストでアゲてくれる神宮寺くんちょーかっこいい!!!!!
1位は望まない。1位は望まないけれど、2020年の楽曲大賞特別賞はKANZAI BOYAであってほしい。いやそんな賞が無いのは分かってる。分かってるよ。でも数々の伝説を生み出したKANZAI BOYA。これが一人でも多くの人の特別賞であることを願ってる。
星部ショウさん作詞作曲!ハロプロではなくジャニーズへの楽曲提供は初めてとのこと。6/12拍子がたまらなく気持ちいい。A.B.C-Zの5人それぞれの特徴的な声色が存分に活かされた楽曲。
アイドルらしいキラキラとした1曲だけど歌詞はやっぱり背中を押すような内容です。ポニキャからユニバへレーベル移籍をした最後の曲なのでポニキャからSexyZoneへのエールのようにも感じています。
“君らしくでいいんだよ そのままでいいんだよ”の歌詞に救われる。もっと頑張らなきゃと追い詰める自分を慰めつつもアップテンポで軽快に背中を押してくれる一曲。
3年続いた宮玉劇場の最終章。3年目の浮気を受け嫉妬に狂った嫁が旦那を呪うために蘇生する話。初めて歌詞読んだとき、手叩いて大笑いしたあと号泣しました。怖くて。
隠れた名曲!応援ソングというより人を包んで肯定してくれるあったかい一曲 2020年に聴く「逃げるのは簡単で 進むのは困難だ」が胸に響いた人はたくさんいただろうな
音数を最小限にした大人っぽいサウンド。アラサーが歌うリアルな歌詞。濵ちゃんの世界観と聞いてたまげました。WESTが表現する女性目線の歌詞を熱望していたので最高。2人の低音ボイスがセクシーです。
クレープが好きで作ったというクレープを連呼する曲だが語感の良さとキャッチーさで頭から離れない。ついに誰かわからなくなったごってごてFUNKなMVも目が離せない。
なにかひとつ願いが叶うのならば、この歌をオリンピックで、国立競技場の青空の下で聴きたかった。でも、そんな叶わなかった夢さえもあたたかな未来への希望に変えてくれる、全ての人に寄り添う曲だと感じます。
とにかくかっこよすぎる。「え?ジャニーズWESTってこんな曲歌えるの?」案件間違いなし。上げろ心拍数、病んでるキスをしよう、、、はぁ〜!!!!!!!あなた達のせい(おかげ)で毎日心拍数爆上がりよ!!!!!!!
またひとつ、キスマイ名物カップリングにしておくには勿体なさすぎる名曲が爆誕!ピアノの美しい旋律、切なさが漂うメロディ、未練が残る男心を歌い上げるキスマイ最高です!
JUMPの表現力に腰の骨をバキバキに砕かれた。ジャズナンバーが似合うグループだとは思っていたが、ここまで彼らの色に染め上げてしまうとは。とにかく生で見たい、コンサートでやってくれ。大事なことなのでもう1回言う、コンサートでやってくれ。
だって、「清水翔太を歌う山田涼介」なんて、「ハンバーグに目玉焼き」「ガトーショコラにホイップクリーム」くらい全員納得の大正解じゃないですか。CDでもなく、iphoneでもなく、本当はガラケーの着うたフルで聴きたい曲です。
初めて聴いた瞬間からずっと好きな曲!聴くと桃色の風が吹きます。ほんとです。学生時代の希望に満ちた新しい季節にぴったりだけど、この曲の発売当時に転職活動をしていた社会人の私もかなり励まされました。
10年以上も3人揃った活動がなく、東山さん以外はしばらく歌声をきく機会がなかったにもかかわらず35年目の少年隊はやはり凄かった。ファンタジー溢れる楽曲だが、現在の少年隊が歌うことで当時の煌めきと同時に時の流れを感じ、思わず涙が溢れた。
キンプリが歌うTHEアイドルソングをアイドルオタクが嫌うわけがない。そのくせCメロがアイドルを前にして語彙力を全て失ったオタクみたいな歌詞なのが最高。君(自担)という存在が尊いよ!
ただただエロい。ありがとうございます。
「ありふれた毎日」が1番大切だとさらっと歌う、V6らしい押し付けがましくない応援ソング。コロナ前に作られたのに、偶然にも歌詞が沁みすぎる内容。ステイホーム期間中にかなり励まされました。ありがとうV6、いい薬です。
「ふたりぼっちの集合体」「生まれ変わったら また巡り会おう」「この惑星じゃなくたって君と出会うだろう」「愛の光度 互いが光源」って堂島大先生、琵琶法師か?神が紡ぐ曲はオタクの心に突き刺さる
ウソウソウソだいたいウソ♪軽いノリでそれまでのパリピでバズる生き方を否定するサビがキャッチーで気づいたら口ずさんでしまう。人前で格好つける代名詞とも言えるアイドルにこれを歌わせる斬新さ。少しずつ見えてくる弱さにまた翻弄されるのも悪くない
どんなときも「大丈夫さ」と優しく寄り添ってくれる国彼こと神宮寺勇太プロデュース曲。荘厳な4つ打ちの重低音に身を委ねたらそこはもうヘヴン。配信ライブで横アリを覆い尽くした真っ白なテキスタイルの海とその真ん中で歌う5人の尊さに召されるかと思った。
SnowManは韓流顔負けのかっこいい路線でいくのか~と思ってたところにこれですよ!かっこいい、かわいい、ちょっとトンチキ、圧倒的、親しみやすさ。魅力がぎゅうぎゅうにつまっていて、むりむりむりむりやっぱむり!
約束の河合くんの歌声が、天国の本屋のさとしくんみがあって好きです。A.B.C-Z、失恋曲も似合うのか…!!!と新規の私は驚きました。
あなたの笑顔が何より最高!その歌詞に尽きる。底抜けに明るい歌詞と曲調に元気にならずにいられない。通勤の電車でよく聞きました。
看護師やってます。初めてこの楽曲を見聞きしたのは夜勤の休憩中にみたYouTubeでした。ささくれ立った気持ちが癒され浄化されたようで涙がこぼれました。多くの人に聞いてほしい楽曲です。
カナリヤは多面的である。24時間テレビで初公開された当初、部屋の隅でもがいているような曲だと思った。しかし冬に聴いたその曲は、まるで青空に飛び立つごとく晴れやかな姿に変貌を遂げた。NEWSとともに育つ、弱さと強さの曲。
嵐の曲の中では泥臭いイメージのあったあの曲が、こんなにポップにスマートになった衝撃が凄まじい。嵐もファンも、沢山の月日を重ねてきたのだなと実感しました。
こんないい歌が隠されていたなんて…これは3人しか歌えない公式に世に出してほしい!
ボーカルが素晴らしい。自分の声質の強みと魅力を隅々まで把握し、活用している聡明さが品の良いエロスの表現に繋がっていると思う。音の流れも美しく、仕事中の夜、気に入っているスーツを着て運転しながら聴くと、大人の女をやってて良かったなという気分になる。
「完璧じゃ疲れちゃうよ」「頑張っている証拠だよ」って歌い続けてくれて、本当に助けられました。アイドルとしてだけじゃなく、同じ人間として国民に元気をくれるジャニーズWESTの象徴ともいえる曲です。2020年「証拠」に出会えて良かった。
「渋谷あたりは谷底で、銀座はまだ海だった」と石器時代を想い起こしながら「5分近く謝る君、どうってことないよ、銀河系の端っこで出会った2人」と時空の超越を見せつけてくる。これが三浦徳子イズム。SexyZoneはこういう曲を一生歌ってもらわないと困ります。
「ちぐはぐな僕らを繋ぐものは それはね 多分ね 愛だ」、まだ全員が学生のうちにJr.から選抜されデビューし、様々な経験を経て大人数グループならではの関係性を作り上げてきた彼らが歌うこの歌詞にぐっときます。
何も考えずにコンサート会場で「BOW WOW BOW WOW」ってコール&レスポンスいただける曲だと思うので。何も気兼ねすることなくライブや舞台に行ける世の中になってほしい気持ちも込めて。
出だしの薮宏太様!!!!!!!!!!!!!薮担の末席に控える者として投票しない選択肢があっただろうか。オタクは死ぬライブで踊ってください。お願いします。お願いします。お願いします。
これ聞きながらチャリ漕ぐとめちゃめちゃいいスピードになる。NEWS大得意の爽やかで疾走感があってさらにコール・アンド・レスポンスも忘れてない曲。大好き。まっすーのラップもさすが!早くイエー!イエー!ってペンライト振りたい。
今はライブに行けない状況だけど、いつか行ける日を楽しみに待っていようと思えました。「すれ違ってごめん」のフレーズにときめき、「もうすぐ出逢えるから」で恋に落ちます。はやくWESTに会いたいな。
ある日突如GYAO!に投下されたこの曲。歌うごとにメンバーカラーに光る正方形の蛍光灯に浮かび上がる英語詞。シングルにこの曲のMVが収録された時、その蛍光灯の中になぜか上裸の彼らが入っていたのも良い思い出です。
聴いてるだけでハッピーになれる曲!ウェディングとは書いてあるけど、ウェディングに関係なく、人との出会いに感謝する曲。元気がないときに聞きたいです。
"ジャニーズって良いな"と思うと共に、それぞれのグループの色、自分の好きなグループの良さを再発見できたトニトニ。1サビの嵐のユニゾンには本当に感動して、ああ自分はこのグループが・この歌声が好きなんだと心の底から実感しました。
藤北や あぁ藤北や 藤北やこのパフォーマンス 生で観たかった!コロナ憎し。ドームの天井が割れんばかりの悲鳴のような歓声が似合うふたり。損はさせません。ぜひ!観て!聴いて!
個人的にはカップリング曲No.1でした。ラジオで初解禁された時、「カッコイ〜〜〜!!!」と叫びながら椅子で回っていた思い出があります。いつか絶対に生演奏で聴きたいです。
昔から、キスマイのコーワさんのCMソングは商品にちなんだワードが入っているのですが、かゆみ止め薬からこんなに爽やかでエモーショナルな歌詞が生まれるの、すごいなって思います。表題曲でもよかったのに!と思うくらい良曲。
お正月の配信ライブでも披露されましたが、とても素敵な曲です。2人のハーモニーが綺麗で、心が温かくなる大好きな曲です。
人が宇宙へ旅行するためには、何億と何十年、いや何百年と必要かもしれませんが、目をつぶってこの歌を聞いてみてください。そこはもう宇宙です。ありがとう、辻村さん。
WEST担じゃなくてもこの曲は最高だとわかる!Jr.時代のことも入れたという重岡くんの「予定詰まったカバン捨てて帰ろうかな」は胸がぎゅっとなります。いろんな想いを抱えながらアイドルを続けてくれてありがとう。
胎教として産まれる前から聞かされて、この世に誕生する時に「rain……」っておぎゃりたいレベルに好き。
彼らにハマってYouTubeを見るようになって、この動画を初めて見て聞いた時の衝撃をもう一回味わいたい。とにかく頭を離れないビート。スルメ曲とはこういうことだと思う。
現実の君ともがき苦しみながら向き合い愛し合うのではなくて、自分の中に存在する都合の良い君でしか愛せなくなっている臆病で残酷な僕の姿が、アイドルを応援している自分に重なって少し辛くなる曲です。
「何を隠そう 俺はジ・ゴ・ロ」を風磨くんに、「ただじゃ引かない 俺はジ・ゴ・ロ」を健人くんに歌わせた大人に金一封差し上げたいです。タイプの違うジゴロを一曲で堪能できます。
エッッッッッッッッロ!!!!(失礼しました)これが熟した男たちが歌う果実ソングなのか…と平伏しました。勤続25年の男たち、最強すぎでは。
「人に言えないこと、言わないこと、胸にあるだろう?」私にもあるし、彼にもあったし、彼らにもあった。最近何ヶ月かぶりに聴けて、やっと消化できた気がする。全て抱え歩いていきたい。
アルバムリリース時よりも人数が減ってしまったけれど、いつなんどきのNEWSにもぴったり当てはまるような曲。奇しくも今のNEWSにぴったりだと思う。これから先何年も歌い繋ぐ曲になってほしい。
まだ新しいKinKi Kidsの見せ方が残っていたんだ?!と思った。大人のカッコよさと色気が溢れまくってます。ふたりにしか歌えない歌がまた一曲できてしまいましたね。
祈ることしかできない痛み・それでも祈ることを辞めてなるものかという決意、それらが「止まらないで」という歌詞と重なって、きっと夏が来るたび私は夜明けを歌う彼らに祈りを馳せたことを思い出す。
無期限活動休止、という途方もない寂しさを、最後の最後にどこまでもやさしく包み込んでくれた曲でした。二宮さんの「音楽は終わらないけれど、終わるならこの曲がいい」という忘れられない言葉の在処を、2020年12月31日の嵐に見た気がしています。
最初に聴いたときはそこまで深く考えていなかったけど、配信ライブでの平野くんのコメントを聞き、改めて聴くと泣きそうになった。いつも通りにやれたらGood day、褒められない社会人の心にしみました。
青春の1ページを切り取ったような疾走感溢れる1曲。でも爽やかで淡いアオハルではなくて、苦しみ悩んで、もがいた自分探しを描いていて。自分の人生を生きることを決意した「僕」に誰もが自然と感情移入する。めちゃくちゃかっこいいダンスも早く生で拝見したいものです。
「関西のおもろい兄ちゃんたち」から「世の中を明るくする愛され国民的アイドル」への進化の一歩のように感じた。デビュー6年目にこの曲に出会えたことに感謝。踊らずに気持ちを込めて歌うことで、歌唱力の高さ、ハーモニーの美しさも堪能できる。
きらめき、よろこび、たのしさ、美しさ。アイドルソングの王道のキラキラを纏いながらも、大人の余裕が垣間見えるような落ち着き。それでも聴いてると心が昂るんです。とびきりの愛をくれる曲。
あのゴスペラーズさんから提供してもらった曲を、完璧に歌いこなす歌うま集団ジャニーズWESTがかっこよすぎて、これを歌番組で歌ってくれ!!!世間に歌うま集団なんだってことを広めてくれ!!!と願ってやみません。
V6のカップリング曲の質の高さには定評があるが、この曲もいい意味で過去にあまりなかったタイプのジャズテイストな一曲。この年代に似合う、肩の力を抜いた感じの雰囲気がたまらない
これから一体どうなっちゃうんだろう…という時期の配信コンサートで初めて聴いたこの曲にずっと救われていた2020年だった。A.B.C-Zの生命力と肯定力が詰まってる。いつも力を分けてくれてありがとう。
五関さんが「恋愛論なんていらない誰かが唱えたセオリーじゃ紐解けない」と歌った瞬間優勝が確定しましたありがとうございました。
リリース後ずっと聴いてたし配信で歌ってくれて泣いてた。きっぱりした4ビートに乗せた「ぼろかすの あほんだらの ホゲ」は痺れるし、「駄目なのよ」の手パタパタ、好(ハオ)…
歌詞には1ミリも共感できないけど、切ないメロディが頭から離れない。歌い出しの知念くんの歌声が本当に好き。女性目線の曲をジャニーズが歌うっていう新しさと、PVに女優さんが出るのも新しい。もう一度言うけど共感はできない。
プリキュア。本当に、これはプリキュアのop曲。キーを上げて聴いてみてくれ。『ジャニーズウルトラミュージックパワー!キュアJUMP!!』って聞こえてくるでしょう?関係各所、新シリーズのop、edにHey!Say!JUMPはいかがですか??
今までも節目の年に作られた曲はあるし、そのどれも感慨深い物だったけど、節目の年以外使われないという欠点があった。でもこの曲はきっとファンそれぞれの節目の時に、嵐の事を思い出す度に、喜びや悲しみに寄り添いながらきっと口ずさむ。素敵な贈り物をありがとう。
妖しい雰囲気、メンカラの入った歌詞、なにより“Will you be mine? Be my SixTONES”が天才。こんなの好きになるしかない。あのクソダサ衣装以外はな!
この歌を歌う自担が本当にキラキラしてて大好きで、「君こそSUPERSTAR」のうちわを持ってライブに参戦したかったなぁと聴く度に思う。
他のアルバム再録曲と比べると「なぜ今この曲?」と思ったが、冒頭の錦織さんの歌声があまりにも重厚で度肝を抜かれた。
5人揃ったSexy Zoneが、この楽曲を歌うことに意味しかない。誰でもない自分で望んだ世界、一握りの可能性を逃さない、叶えたい少年だった僕らが夢見た未来、胸に宿る情熱を絶やさぬよう。
ピンクのリップと春物のコートでめかし込んで街に飛び出したくなるような、おしゃれでキュートなシティポップ。ラブリーでポップでクールでセクシー、世界中の言葉を集めたって足りないくらい眩しくて素敵なSexy Zoneに、思いっきり歓声を上げたいよ!
King & Prince初の英語詞で、アメリカ修行中にレコーディングした曲。告知なしで初披露したCDTVでは、あまりの衝撃に8時間も寝れた。ダンスのキレ、揃ったダンス、英語詞の発音、こんな事もできるのかと新たな沼に入った曲。
木村拓哉の孤独な強さを感じざるを得ない曲。いつも真正面から全てを受け止めている彼の強さと弱さに涙。
ライブで初めて聴いた時、自分の好きな曲調だ!と直感で思い聞き込んでもやはり直感通り大好きな曲になりました。これから先もこの場所にいたいをWESTでいたいって言ってくれた淳太くん、とても嬉しかったです。
この月は言わばモーセ。自らを覆う雲を割って、月明かりはスポットライトとなってNEWSを照らし、照らされた3人は祭り事を催す。今宵は月明かりの下で祭りだーーー!!!
どれだけ憎んでも足りないコロナ、だけどそれがなければ生まれていなかったものもある。そのうちの一つが、この楽曲。やり場のない悔しくてやるせない気持ちに優しくそっと寄り添う、柔らかな歌詞と曲調が心地よい。
個人的に仲間との別れの曲という印象で、事務所を離れて行った人たちが思い浮かびました。静かなエールがじーんときます。
デビュー25周年を迎えて「夢のつづき」という楽曲を出すのがV6らしい。"つづき"ということはもう夢自体は叶っていて、それがずっと続いているんだと思う。そしてその道をこれからも歩いてく。君と見てきた全ての景色を引き連れて。素敵。
嵐の活動休止が怖すぎて2020年のクリスマスなんて全く待ち遠しくなかったけど、2021年からはいつも通りウキウキ過ごせるのかな。そしたらこの曲もまっすぐ聴けるかな。聴けそうだな。年明けからのそれぞれの活動を見て強くそれを感じています。
今の3人のサラッとした大人の雰囲気に洒落と色気を絶妙な塩梅で混ぜ込んだファン卒倒ソング。シャンパンの泡が弾けるような心地よいメロディと少しアンニュイな3人それぞれの声に酔いしれながら、NEWSの新たな扉がまた一つ開かれたと確信した。
ミタゾノさんこと松岡昌宏による昭和感の薫る歌謡曲をHey! Say! JUMPが令和に歌う奇跡の1曲!!MVで人魚姫の象徴としてダンスを披露する松岡くんも素敵です!!
アイドルに「誰よりも大切な存在が目の前にいるこの瞬間を祝おう」と歌ってもらえる。ファン冥利につきる。
永瀬廉プロデュース曲。もっとおしゃれ曲選んでくると思ったのでちょっと意外でした。王道かっこいい系ジャニ曲で、これを選んだ永瀬廉くんをまた好きになりました。
こんな面白い曲、今までに聞いたことがないと思うほどにただただ最高。積極的なのか奥手なのか…ダンスからはどこか情けなさも感じるが、最後に君が帰るのは『2時』。細かい描写が浮かび上がる曲で癖になる。
くじ引きで与えられたお題なのにこんな意味を含ませてこの2人が詞を書きこの2人が弦を弾いてステージに立つなんてあの頃のオタクは誰も思わなかった。まさしくdo you know, gilr?って口角上げたこたしげに聞かれてる気分。舌ぺろしてサングラスを外しながら。
仕事前のメイクする時に聞いたりしています。最強になれる気がします。てかむしろ最強ですよね、チートタイムはSUQQUの諭吉ファンデと一緒に使うとガチ無敵になれます、知りませんけど。ガンガンいこうぜ!!!!!!!!!!!!!!!
待ってた!待ってたよ!デビュー本当におめでとう!!季節外れの雪で世界を包んでくれ!!!地球温暖化を止めるのはSnow Manの9人だ!!!!!!!!!
「翼はないことはるかとうの昔に気付いてる それでも僕らはどこへだっていける!」A.B.C-Zって良いなぁ〜〜〜〜!GAME OVERになっても諦めずに何度も何度もcontinueしていくA.B.C-Zかっこよすぎますありがとう
王道ジャニーズの佐藤勝利がこの曲を歌えば道端でもそこは帝国劇場。ゴージャスな世界観に少しの寂しさをエッセンスに加えた貴重で希少な楽曲。天国のジャニーさんが前のめりで観劇する姿が目に浮かびます。
山下さん作詞の「Nights Cold」のもうひとつのカップリング。「生まれてからずっと 君を探してた 歩幅合わせて寄り添って歩こう」素敵な詞です。
歌い出しの有岡くんで肩こり、腰痛、腹痛、ストレス、空腹、悩み、悲しみ等が全て無くなりました!!これ無しでは生きていけません!!おすすめです!(20代 女性 有岡担)
めちゃくちゃ去年リピートした一曲。真夏でもガンガン車でかけていました。平均年齢45歳オーバーのトニセンにこんなシャンシャンした冬ソングをくださりありがとうございます。夢が膨らむぜ。
私の青春が終わってしまった、と思っていた私を、栞を挟んで閉じておこう、と思わせてくれた曲。申し訳ないけど大晦日まできちんと聴けなかったThis is 嵐。すごく素敵なコンサートで、やっぱりアルバムを聴き直すと1番刺さったのはこの曲でした。
メンバーで作詞をすればいつだっていつの時代だってちぐはぐな内容で繋がらない歌詞をかく個性のグループ。それでも聴けば聴くたびに愛おしいと思うのです。
イントロがラジオのOPみたいでどこか懐かしい。何気ない日常を楽しんでいこうというメッセージが伝わる。休止を発表している彼らだからこそ伝わるメッセージだと思った。どんな人が聴いても好きになる曲。
大人の色気ってこういうことなんだなと思った曲です。2019年末のディナーショーにて披露されたのですが、色気を出そうとしていないのにもう滲んでしまってました。最上級の恋をトニセンが見つけてくれます。
決意とか前え進んで行こう等勇気をもらえる曲でした。
大事なことはいつも、最終的には自分で選ばなくてはいけなくて、その重みと心細さに打ち負けそうになります。それでも、選んだ道を進まなくてはいけない。7人の歌声にこもった、あたたかい切なさを感じられる曲です。
Sexy Zoneってこういうこと。曲調でノリノリでルンルンしてたらSexy Zoneがそっと寄り添ってくれていた。
2020年振り返った時、心か動かされた楽曲はなんだろうと考えるとこの一曲しか思い浮かばなかった。ベストアーティストの5人のパフォーマンスには胸を打たれました。この5人なら大丈夫、この先何があっても乗り越えられると確信できました。5人の未来に幸あれ!
毒を持った言葉にも花束で返すSexyZoneだから歌える、愛に溢れた全肯定ソング。マリウス様の国民を憂う高貴な瞳にコロナもひれ伏し、きっと誰もがセクシーラバーズに早変わり。あれ、彼らへの投資と愛が止まらないって?「ねえ、それでいいよ。」
2017年の未音源化部門では「ジャッポニッカイマインマイハァ」がコメント欄に溢れ、2018年のMV部門で1位を取ったこの曲、3回目の投票でついに楽曲部門に投票出来ることが感慨深い
毎年コンサートでの翔くんの「〇〇(ツアー名)party started!!!!!」にぶち上がっていた。まさかそれがこんなに意味を持って曲名になるなんて。パーティは終わらない。そうだよ。パーティは終わらない。ある意味史上最高のラブソング。
他でもない2人にしか書けなくて、他でもない彼らにしか歌えない曲。ドラマに影響を受けてできたこの曲を7人が歌うことで、また違った意味が生まれたように思える。この詞を書ける流星くんと神山くんが、この歌を届けられるジャニーズWESTが眩しくて、羨ましい。
優しさに溢れた松島くんの歌声から始まり、「緑に包まれて」「自然に笑顔になる」、SZの温かさが溢れ出るこの歌が久しぶりの5人でのシングルc/w曲である。それだけで十分です。
聴いた瞬間に確信した圧倒的某大阪のテーマパークの夏にかかってる曲明るいサウンドと[ハッピーメイカー]と歌ってる時の高音が好きノリノリになりたい方は聴きましょう!!
この前まで私たちがバターだったはずなのにいつのまにか剛くんがバターになる曲。
ありがとうCD化!!投票出来て嬉しい!!
wacciが関わった曲が一筋縄でいくはずなかった。柔らかな声がナイモノネダリな心を諌めてゆく。あなたとの出会いがなければ、わたしもきっとこうして1人で立っていられなかった。アイドルは孤独で自由で永遠のもの。いつかの結婚前夜には、あなたのことを思いださせて。
関ジャニの再スタートに最も相応しい力強い曲で彼氏に振られた後に音楽番組を見て、丁度歌っていたのを聞いて元気が湧きました。ありがとう関ジャニ。ありがとうジャニーズ。やっぱりジャニーズしか勝たん。
暗転からの前奏、曲始まりでスポットライトがバーンとメンバーを照らし出した瞬間の絶叫に包まれたいので早くコンサートやってください。知念侑李さんは振り付けをお願いします。
アニメ「Snow Man」の第2期EDだったと思うんですけど、踊るメンバーと背景に出てくる場面写真がかわいすぎて初回で泣いた記憶があります。2期の展開めちゃくちゃよかったんですよね、幸せで。曲も幸せだし!アニメでは毎回踊りを丁寧に教えてくれるので覚えました。
今年の「この曲シングルでいけたでしょ…カップリングなんてもったいない!!」ランキング1位。制作陣がシンデレラガールと同じと知り納得。歌詞が良い。メロディーも良い。キンプリの声が良い。私は岸担なので歌い出しと「誓うよ」に何度聴いても心撃ち抜かれる。
バレーボールのキャラクターでデビューした世界線の2枚目のシングル(春高バレーのイメソン)。
オタクに私信してんじゃないよ!と捻くれた気持ちでしか聴けてなかったけど、今ならわかる。この錦織一清さんが光の渦の中で探す「君」は、確実に私のことです。
可愛い、とにかく可愛い、この一言に尽きる、可愛いキスマイが見たかった、ライブでさ披露されなかったの悲しすぎ、パフォ見るまで死ねない、そのくらい可愛いんです
激長ノーブレスパートをこなす有岡さんと中島さんの担当の皆さんは胸を張って生きていきましょう。「喜びと悲しみ受け入れて生きる」JUMPさんが喜びと相反する悲しみも面倒で愛しいと歌うこのエモさ...辻村さん一生着いていくわ。
「こんなにおしゃれな曲ある!?」と痺れたNAVIGATORを、さらにかっこよくアレンジしてきた、ジャズ好きにはたまらない一曲。間奏を聞いているだけで自分もおしゃれになれた気がします。
おしゃ曲。はぁーこんな大人スタイリッシュ彼氏いたらなーーーだってドラマチックにグッドモーニングよ?どんなん?4人のハーモニーを生で聴くのが楽しみだったけど3人でも歌って欲しいな。
これ以上傷つけ会わないようにするために別れる歌です。未練タラタラの失恋曲が好きなので……。心の叫びを振り絞ったような歌い方が魅力的だと思いました。
やっぱり松島くんが戻ってきてくれて、5人で披露したこの曲が忘れられなかったので。それまでも何度かパフォーマンスは見たけど、祈るように歯を食いしばるようにパフォーマンスをしていた彼らが、嬉しさを噛みしめるようにしていたのが素敵でした。
アニメを見終えてしまった寂しさを、「来週も会おうね」と優しく慰めてくれる、ポップなタイアップ曲。“いまだ!!”背中をわりと強めに押してくれる、豪快な優しさが、大人になって沁みるようにも思います。
平成3年の紅白で使ったアレンジと分かった瞬間足下から崩れましたいや、ホントどうなってんだ世界線(あの紅白は全ジャニオタが見るべきやつ)少年隊の思い出はほぼ青劇にあるけれど、これを聞くだけで部屋が青山になります。
キラキラした可愛さの中に少し大人な雰囲気があって、もう可愛いだけじゃないJUMPが素敵です。8色のリップからお気に入りを選ぶ瞬間が、大所帯のJUMPの中から好きな子を見つけようとした最初の頃の気持ちと重なるようで、本当に好きな一曲です。
キンプリちゃんと真冬に?純白な???恋愛??プロポーズ!?????え????待って????夢なの????これは夢?????ヲタクの虚妄???????と思っていたら公式から虚妄ツイートが投稿されたので虚構だと思いたいのですが、全てが現実で震えた2020冬。眼福です。
Fab!のアルバムの中でも一番干されている曲…ただジャズベースでとても盛り上がれる神曲なのに確実に次のLIVEでセトリ落ちだろうとなぜか確信しています。お願い、亡霊にさせないで
イントロの時計音からぐっとくるシンドラ主題歌。シングルカットされなかったからこそドラマの世界観に合った歌が作れたのかも?とも思う。平均年齢30を超え、強い圧のある曲だけでなく、深みのあるラブソングもしみじみと聴けるようになったキスマイの成長を感じる楽曲。
まず原曲が好きで、リミックスも無論好きになりました!!やはり嵐は名曲揃いだなと思います。
エーッ!?令和の最先端を行くあのYOASOBIが!?自軍に曲をくれるってー!?とめちゃくちゃ興奮した。アラビアンな曲調がミステリアスかつ今までになくエスニックで、Hey! Say! JUMPにまたひとつカレーが食べたくなる曲が加わりました。
"同窓会で昔好きだった子に誘われてフラフラしちゃう、ちょっぴりダメなオトコ"をおしゃれにアダルトにファルセットで歌うSexy Zoneに興奮しないわけがない!!王道アイドルを貫いてきた彼らの曲だからこそ、よりグッときます。
キスマイでは初となるジャズ調のリズム。みんなの優しい語り調の歌声が最高だし、なんと言っても北山くんソロパートの「じゃあな そんじゃ また会おう」が素晴らしすぎる。あのパートを歌いこなして自分のものにできるのはきっとこの世界で北山くんしかおらん。
マジLOVE7000%アニソンの神が創り賜うたこの曲の歌詞一瞬一秒隙のないアイドル神典70億分の7の可能性を全世界に見ていてほしい
「This is嵐のカップリング」です。爽やかすぎる曲調と、前向きなのに切なさ儚さを感じる歌詞、単純で引っ掛かりがないようでいて、心に残るんですよね。嵐のカップリングはこういう名曲揃いです。嵐さん、ぜひまたウラアラマニアを出しましょう…。
前向きスクリーム!歌番組でこの曲名が出る度、オタクはため息をつく。もう飽きたよ、前向きスクリーム!………な、はずなのに。しんどかったコロナ禍も嵐最後の紅白の後も、元気にしてくれたのはこの曲でした…
言わずもがな名曲です…。アイドルが"だけど忘れないで[君の笑顔に逢える]それだけで生きていける僕がいる"って歌ってくれるの幸せすぎませんか?ユニゾンが多いところもザ・ジャニーズで最高です。
歌詞がtheエモーショナル。手越さんの歌う「そして僕ら 2020 夢見たあの場所へ」がこの世のどこにも無くて今後も存在しないというのが、は〜〜〜?!物語すぎるんだが〜〜〜?!STORYなんだが〜〜?!聴く度に劇場版NEWSと新・劇場版NEWSを見届けたいと思う。
初めてカラオケで自担の曲を歌えた時のあの感動は忘れられません。そしてこんなに荘厳で美しい歌を、「自担の曲」と呼べる幸せ。何十年先まで、進化し続けるこの雨を浴びていたいです。SixTONESデビューおめでとう、YOSHIKIさんありがとう!
金銀財宝を抱えた横尾渉さんの歌い出し『俺の名はマハラジャ』で発狂し笑い転げ曲の終わりまで立ち上がることができなかった。2020年にみた配信で間違いなく1番元気が出た。ありがとうキスマイ、ありがとうセンター谷村、ありがとう特攻、ありがとうマハラジャ
初めは曲中にファンの声が入るのかと、少し???でしたが聞いてみると何コレめっちゃいい!!!メロディーが好きで、思わず口ずさんで歌いたくなる曲です。
「ケンゴウオカダにとびきりのグラシアス」の歌詞に泣き、「少年隊こそ目上のシャニーさ」でトニセンの歴史に思いを馳せる一曲。地球が丸くてよかったし、夜は暗くて大正解。
英語の歌詞も増えてきたSixTONESですが、この曲は英語と日本語の歌詞のバランスが絶妙で好きだなと感じました。とにかく優しさと温もりが溢れていて、京本くんの「僕が君の傘になるから」という歌詞が大好きです!SixTONESは私のLifeのcolorだよ〜(偏差値6)
2020.12.31のための楽曲。贅沢で豪華な嵐だからこそという厚みがあるのに、ポップでノリやすく聴き馴染みがある好きな曲です。ポップなテイストに見せかけた実はちょっと切ない曲。いわゆる嵐らしいんじゃないかと思います。今までありがとう、これからもよろしく。
遠く離れて触れ合えなくとも、距離では愛は引き裂けない。ひとりで抱え込まないで僕らの存在を信じてほしい。楽曲制作がいつから始まったのかわからないが、コロナ禍の今「アイドル」として25年間ファンと共に歩んできた彼らだからこそ歌えるファンへのラブソングだと思った。
胸にじんわりと滲む温かさと、柔らかな花の香りに彩られた曲。曲全体を包み込む幸せのベールの肌触りが心地よくて、何度でも聴きたくなります。運命に愛されたキンキが『運命論』という題名の曲を歌うという意味でも、全キンキオタ必修科目の曲だと思っているのでよろしくお願いします。
どどど名曲なのに音源化されず潜んでいた冬ソングが一年越しにリリースされたこの喜びは何にも変え難い。本当に名曲。みんなのうたでクリスマスシーズンに流したいくらい名曲。毎年これが聴けることを思うと今からクリスマスが楽しみ!!!
浮遊感のある不思議な世界観と強烈なストリングス、独特なビート。それでも歌い踊れてしまうのは彼らがSixTONESだからに他なりません。不安定な世の中のナビゲーターである彼らに惹かれてついていかざるを得なくなる曲。
春はなかじまやうやうかわいくなりゆく顔面
くぐもった電子音が鮮明になり、目覚めのようなスネアが鳴って始まるこの曲。それぞれの歌やダンスで題名に見合うほど妖艶に魅せてくるメンバーに目が回りそうになる感覚をどの音楽番組でも覚えました。あれが色気そのものになりきったSnowManを見れる、素晴らしい曲です。
どこか切ないメロディがKinKiのお二人に合ってて目を閉じてゆっくりと聞き惚れたくなる曲です。サビの二人の声が合わさるところもめちゃくちゃキレイで切なくも気持ちがゆったりできます。
ジャニオタならみんなこの曲自ユニに欲しいでしょ?!?私も自ユニに欲しい!!でもこんなオシャレでかっこいい曲、SixTONESにしか歌えないよ!!!!(他担より)
こういう曲を心から待っていたんです…!絶対にライブでやってほしい、やらない気がするけど、でも、絶対にやってほしい…美麗フェイクに合わせてクラップしたいよ…
「世界は僕らを待ってはいないだろうそれならもう少しだけ眠らずにいようか」2020年にこの歌詞に出会えて本当に良かった。明けない夜はないけれど朝を待つまでの時間、夜を少し好きになれる小さな勇気をくれる歌です。
雨の後に明るい未来が待ってる、そう思わせてくれるやさしくて力強いキスマイの心のあたたかさを感じる曲。Kis-My-Ft2の歌声、イエベ春ウォーム!!!!!!!(パーソナルカラーで例えるな)
ジャニーズに堕ちた曲。偶然見たベストテンでの少年隊のパフォーマンスに釘付けになりました。
ジャーニー(旅)とジャニーさんの名前をかけて「この旅はまだまだまだ続くんだ」「この鼓動(ビート)をまだまだまだ鳴らすんだ」と、病室で眠るジャニーさんに届くようにと剛さんによってライブツアー中に作られたとびきりの愛の歌。
実家を離れ、一人暮らしを始めた私にとって泣ける一曲です。「この街は大好きな風が吹く」この歌詞を聴くたびに地元に帰りたくなります。コロナ滅!!
Hey!Say!JUMPの顔が良すぎる!何をやっても顔を見てしまう!!!!と言いがちなJUMP担とジャニーズへの偏見で素直に見れない人のための覆面ソング。Hey!Say!JUMP顔以外も良くてごめん。
永瀬 現役大学四年生職業アイドル国宝級イケメン身長175cm元サッカー部特技はフットサルの幹事好きな食べ物白米ソフト関西弁左利き朝ドラ出演日本アカデミー賞新人賞 廉に誰にも破れない約束を交わされるならもう何もいらない。
女性作詞のラブソングを歌う男性ってなんでこんなに儚くて綺麗なんでしょう……。1度推しをスルーしてから出会っている私は「もしもあの日出会えてなくても僕はきっと君を見つけ出した」が刺さりすぎた。
「第二の初陣」の一曲。SixTONES単独名義初シングルということがよくわかる作り込まれ方でびっくりして気づいたらCD買ってました。Bメロで主張してくるウッドベースがエロすぎる。
自粛期間中にファンの子達が筋トレをする為の曲を制作。MVでは自らコマンダーになっているけど、指示するだけで剛くんは一切筋トレしていないのが、笑える。奇抜な格好だけど、厚底ブーツで足の細さと長さが強調されてMVでは足をガン見してしまう曲です。
バスタブの中に潜り込んで聴きたいチル曲。情報に心を振り回されてすぐ疲れてしまうこの世の中、なるべく安定した気持ちでいるべきだと思っていましたが、心が波打つことを否定しないところにすくわれました。サブスク解禁してほしい。
俺を70億分の1から見つけ出してくれーーーーーーーーーっっっっっ!!!!!!!!!!とっておきの顔、見逃したくないのはこっちのセリフだーーー!!!誰でもいいんじゃなくてキミたちを見つけたんだよ、A.B.C-Z!!!!!!
「信じられるかい すべて 長い夢の途中だよ」とジャニーズ歴32年のアイドルが歌う重さまた、身体をすり抜けて心に直接響かせてくる様な歌声がとても良い
あの頃のすべてから救ってくれた一曲。本人たちも大事にしていると何度も繰り返すこの曲。Jr.時代のオリ曲を音源化するにあたり真っ先に、ファンが一番手に取るであろう初回盤に閉じ込めた曲。そんな楽曲です。
L&の配信ライブがきっかけでキンプリ担になりました。君がいる世界は、私の欲しかった「安心」も「そばにいる」(精神的な)も全部詰まった曲で、何より歌ってる彼らが一生懸命伝えてくれているのがすごく伝わって…。死にそうだった私の心が救われました。
NEWSとしての手越祐也の遺作に非常に強い思い入れがあるため一位にしました。プロポーズ、独立後のソロコンサートで歌う前にNEWSで果たして欲しかった。後にも先にも私の最愛の自担はあなた1人ですが、あなたのくれた指輪はまだ嵌められそうにないです。
レギュラー番組でさも情報解禁済みといった様子でぬるっと発表されたトンチキソング。世界各国の「美味しい」を詰め込んだ上に女もちゃんと口説く。新たなNEWSに相応しい(?)トンチキっぷりです。
「Dancing Dynamite」という言葉以上に彼らを表せる言葉があるでしょうか。彼らを好きになった理由を思い出させてくれて、彼らをアイドルたらしめるものが全て詰まっています。彼らのファンである限りずっと大切にしたい曲です。「D(どんな君も).D(大好き!).」
メンバーの平野くんがプライベートで聞くというくらいの良曲なのですが、配信ライブ以降、歌詞にも音源にも絶対にあるはずないのにどこからか聞こえて来る「まーきのっ、まーきのっ」という幻聴に悩まされています。
ピーターパンに出てくるウェンディの結婚前夜の物語がテーマ。いつか結婚前に自担を思い出して聞きたい。「あなたと出会わなければ今の私はいないでしょう」は天才。どちらかと言うとピーターパンな彼らが歌うからこそ余計に痺れる曲。
富豪刑事のアニメ第1話を見た時にOPかっこいい!誰が歌ってるの?と思い、いざ第2話でSixTONESだと知ったときは心底驚きました。いい意味で、ジャニーズだとわからなかったです。
きっとこの曲を聴くたびに私は2020年自粛期間を思い出すだろうな。と思うくらいステイホームメジナしてました。キンプリだけは見てはいけないと思っていたのに。ついに見てしまった。時間があるって怖いなって。衣装可愛い、みんな顔がいい目の保養。歌も耳に残る振り付けもいい
初めて聴いた時 どんなリズムの打ち込み?!!とひっくり返ったし今聴いてもひっくり返る。堂本剛の最強メロディに堂島Pのヤバ歌詞にCHOKKAKU大先生のアレンジて…絶対絶対にライブで歌ってもらえないと困る。どうかよろしくお願いします。
男性アイドルの何がいいって30代、40代になって歌える曲が登場することですよ!!!!ウイスキー飲みながら聴きたい(飲めない)
作詞:阿久 悠、作曲:筒美 京平ですよ? なぜこんな良曲が今まで陽の目を浴びなかったのだとちょっと誰かに訴えたい。
もともと6人楽曲で公開されたものなのに、5人になって初めてのツアーでの1曲目。「待ちわびた今日に」という最初のフレーズがその時のメンバーとファンの心情そのものだったと思います。ツアーが再開される"今日"を待ち続けます。
2020年の春から秋まで、たくさんの思い出を共有した曲です。「聴けば誰かの応援歌、歌えば自分の応援歌」と中島健人くんが言っていましたが、これからのたくさんの人の人生の応援歌になり得る曲だと思っています。
歌詞をクリアに響かせる硬質な歌唱。劣情、皮肉、一歩手前で品位を保つ気高さ。何て歌っているか伝わらないと面白くない曲でしっかり聴こえるSexy Zone、恐るべし。
いい曲だなと漠然と思ってたけど、配信コンサートで、ジャニーさんの事を歌った、Youの後にこの曲を歌ってくれて、ものすごく大きな決意を感じました。素晴らしい流れだった。
もう迷いません。錦織一清さんが、わたしだけを抱きしめていてくれるから。
言葉の大切さに改めて気付かされる一曲。簡単に自分の言葉を発信できる現代、人に直接会うことが激減したコロナ禍だからこそ響く歌詞。(訳:落ちサビの薮くんと結婚したい。)
メンバー全員がダンスレッスンに通っているKing & Prince、その成果が存分に現れている1曲。顔が良すぎるのにダンスが上手すぎるので目が足りない。見終わった時の眼精疲労が凄い曲大賞ではこの曲が優勝です。歌詞がR18。
キスマイのアルバムにはやっぱりオラオラした曲が必要です!後輩グループも増えて、だいぶ大人の立ち位置になってきましたが、こういった路線も続けてほしいです。
2019年11月に天皇陛下の即位を祝う国民祭典にて披露された時の感動が忘れられない。忘れたくない。嵐の5人が「大丈夫」と歌ってくれることがこんなに心強いのかとアイドルの持つ強さに何度も救われた曲でもあります。
天下のDior様に提供した曲ですもんね、お洒落で無いなんて、あってはいけないですよね。毎日狂ったようにマルチアングルを見続けました。見る度に進化してよくなるパフォ含め、どこに出しても魅了する力があると思います。最後に。自担の脚上げは世界一ィ!!!
平野紫耀さんが「世界の果てまで響けよHow we do」と歌ったときのこれが我が国の王なんですよと思わずどや顔したくなるほどの説得力が好きです。
目の前に君がいて、目の中に僕がいて、それを見てるやつがいる。手を取り合えば重力すら通用しない。という無敵の3人組の曲。トニセン、アイドルでいてくれてアインホガトリツトウモ!!
イントロを聞いた時、もうこれは勝ったと思った。MVを見た時、歌詞を読んだ時、そしてステージに立つ5人の姿を見た時、我らは勝利を確信した。さあ世界よ、機は熟した。時すでにSexy。聞け 我らが轟かす name
30代を超えた大人のNEWSが歌う「君は君のままでビューティフル」という歌詞には、実感がある。なぜかというと、NEWSがそうだから。きれいに見せようとしすぎなくても、ありのままで美しいのだ。
現代社会に楯突くSexy Zoneが大好きです。これこそが"真のSexy"だと思える。1番の「芸術はどこ?」から2番の「せめて俺達だけは芸術をしよう」が激シビレ。時代を創ろう、Sexy Zone
原点にして最高峰。創造神 。脳天に雷落ちたかのようなイントロに全て持っていかれる。一生歌い継がれるべき、というか仮面舞踏会を歌わなくなったらジャニーズは死ぬ。
さまざまな"別れ"についての曲なのに、聞き終わった後には明るく前向きになっている曲。ジャニーさんとの別れを重岡くんなりに受け止めた結果の歌詞が心に刺さる。ジャニーさん、重岡くんを見つけてくれてありがとう。「love you やっちゃいな!」
A.B.C-Zの楽曲は橋本曲と河合曲に大きくわかれるが、これは見事な河合曲。小さい体ながらも真ん中でギラギラ輝く河合郁人が眩しいのです。
赤い薔薇の花びらが敷き詰められたベッドの上でこの曲をパフォーマンスするA.B.C-Zを見るまで死ねない!!!!!あなたは五関様の低音ボイスによって発された「Love」で死にましたか?わたしは一度死に、再び生き返りました。
枯れた草木も生き返らせる春の妖精だった。私がボッティチェリならプリマヴェーラの新作描いてる。
キンプリファンではないのですが、弱虫ペダルの原作ファンとして観に行った映画がとても良くエンディングでこの曲が流れた時に思わずうるっとしました。
Believeing is everything in Love so sweet 、大切なことはすべて、嵐がおしえてくれたね。ありがとう。
おちゃらけ関西人を侮るなかれ。お洒落なK-POP路線のサウンド、ラップ、終盤の鬼のようなコーラスワーク。英語の発音と歌が上手くないと歌いこなせないポテンシャルの高さを感じます。色気は見せず醸し出すものだとジャニーズWESTに学びました。
トンチキと思わせてしっかり手が洗えるので2020年ジャニオタの健康に多大なる貢献をした。また「円盤化し✋」「シングル出し✋」のようなジャニオタスラングは、コロナ禍が終焉してこの曲が忘れ去られても次世代まで受け継がれるであろう。
実際あったことがあるわけじゃないし全て又聞きなはずなのに、この曲を聞くととてもハッキリと「あの人」がイメージできる。イメージの共有化が明確にできるってすごい。カップリングも全てKANZAI BOYAなのもミソだと思います。
「愛の答えが見えなくて 君はなにを信じる」という本人作詞の歌詞がドラマにも山下担としての心にもブッ刺さってしんどい。海外ドラマ好きな人もそうじゃない人もぜひ見てほしい『THE HEAD』Huluにて好評配信中です。
「君の笑顔の1つは僕が理由だったらいいな」→いや全部ぅぅぅ(粗品)「君の日常がちょっぴり僕で染まればいいのにな」→いやどっぷりぃぃぃ(粗品)と思わず粗品になってツッコミたくなります。なかなか会えない今だからこそ余計響いた歌詞でした。
2020/1/7の後ろ姿絶対忘れない。明るい曲調が爽やかで、振り返る歌詞の中に感じる"始まる"予感に胸が高鳴る。SixTONESひとりひとりが最強のジャニーズJr.だったことは確かだし、この先も至高を見せていて欲しいと願わずにはいられない。
「もうどれほど呼んでも届かない 残された涙はいつの日か 儚く枯れていく 痛みもあの笑顔も 遠く それでも忘れない」 あまりにも切なすぎる歌詞に、ただの別れではなく死別なのではないかと思いました。『宙』に続く、キンプリの隠れた名曲だと思います。
神山智洋大先生のつくる曲はジャニーズWESTの戦闘力をいつだって限界値まで引き上げてくれる。傷をつくりながらでも、野生本能剥き出しで逆境に立ち向かっていくのが楽しくて仕方ないんだろうな。どこに出しても恥ずかしくない最高のアイドルです。
令和のLast Christmas。シティポップ調のサウンドに溶け込むメンバーの歌声が素敵です。「I promise」は3形態合わせてウィンターミニアルバムとして名盤です。
本人達がダサカッコイイと豪語するまさに「嵐」な曲。リーダーの「5人」が意識できる振り付けと、メンバーを「夢の布陣」と言い切る櫻井ラップの強さは半端ない!大晦日ライブで「2020年のケツに」と誇らしげに歌う翔くんが忘れられません。
オタク、好きだろ?私は好きだ。昔の若さ故の尖った部分背伸びしていた部分にがっちりハマっていたテイストを、「今の嵐に最もふさわしい形」で構成するとこうなるのか、と突きつけられる曲。コンサートの演出も振付もあまりにも最高だった。
ジャニーズが歌うJ-POPの真骨頂。このテンポとアレンジ方面は継承して頂きたい。歌詞が抜群のストーリー性を持ち、それを演じ切るSexy Zoneの技術が光る。サビの殆どがファルセットで突き進んで行くので初めて聴いた時は正気かよと思った。ニヤニヤが止まらない。
木村くんの記念すべき復帰作。やっぱり歌って踊る木村くんが世界一大好きでかっこいいなって思いました。またこのステージに戻ってくる決断をしてくれてありがとう!また一緒に騒げますように!
JUMPが歌えば、光が舞い、雲は輝き、鯨が空を泳ぐ、そんなファンタジックなMVが似合いすぎる。「ありふれた世界なら君はいない」に込められた特別感。間奏の「Hey!」の多幸感。JUMPの代名詞になるべくして生まれたのかってくらいに煌めきと愛らしさに溢れている。
アルバムインスト曲後の一発目、アッパーで真摯で前を向いたサウンドは、陽の気をまとって高らかに。責めることを終わりにして愛を話そうと歌う剛さん、つよくて優しくてとてつもかっこいいのです。
オシャレでスタイリッシュ。ベースラインが好みすぎてこの空間に住みたい!!!
なあ、挨拶代わりのキスであっちゅーまに本気になったからって「楽勝だね おばかちゃん♡(tonta)」って言わないでくれよ、なあ、、、こちとら本気なんだよ、、、、、、、、
爽やかなメロディに温かみのあるハートフルな歌詞。髙橋海人くんらしさに溢れたプロデュース曲。自担と同棲できる曲。君がいるから生活が彩られる、心から愛してるよってそっくりそのまま自担に伝えたい。ちなみに(仮)が外れる時は結婚する時らしい。天才か。結婚しよう。
初披露をテレビの前に座って待ったこと、青白い照明が綺麗だったこと、生配信中道端で踊っていたこと、CDを抱いて嬉しそうに撫でていたこと、何度も披露された全部を忘れられません。最高のデビュー曲です。Snow Manデビューおめでとう。
ゆったりした大人の夏ソング。コロナ騒ぎで夏らしい事なんかひとつもできなかったけど、この曲があったから救われた。2020の夏と共に、ずっとこの曲を思い出すと思う。
和×自担。大和言葉×EDMサウンド。黒い革手袋×ロングコート。この曲は絶対ジャニオタに刺さると思うので是非聴いてください。YouTubeに公式のMVが一部ですが掲載されています。
塚田僚一かっこいい!!!アウトでバラエティイメージが強い自担ですが憑依型アイドルなのでかっこいい曲の時のかっこよさはとてつもなくかっこいい。かっこいいを使い過ぎましたがかっこいいので仕方ない
堂本剛に生まれたらこれは歌うよね、という気持ちになる。堂本剛に生まれたからこの曲がつくられてもちろんそれを歌う、そんな当たり前のことだけど、そりゃ堂本剛はこれを歌うよ…と唸ります
女児向けアニメのオープニングソングのようなポップでキャッチーな曲調に、人生の真髄を詰め込んだ歌詞。人生とは宝探しであり、自分がハッピーになれるかたちを見つけるための旅である!
「楽曲」大賞の名に相応しいようなアヴちゃん色強めの強烈な曲。それを自分たちのものにするJUMPに脱帽。YouTubeというグローバルコンテンツに初進出しつつも「僕と俺」「嘘、月」という日本語ならではの表現満載の歌詞だったことも個人的にとても興味深かった。
英語と日本語で綴られたマリちゃんの言葉たち。学業とアイドルを両立し、志高く生きている彼にも、いや彼だからこそいろいろな葛藤があって、そんな彼がまた美しくてはっとさせられます。
迎えられなかった歓喜の舞台を、これほど悔やんだ年はなかった。UPDATE、配信、TVと、幻に過ぎた2020年のせめてもの思い出としてずっと胸に刻んでいく。バックの大画面を振り返って見上げる村上くんがいつだって好き。
皆ご存知、Billie Eilishのシェイプオブユーも取り入れている「レゲトン」のリズムを使った全編英詞。この曲聴きながら海の綺麗な店でパンケーキ食べたい。SixTONES史上サビ口ずさみたくなる楽曲ランキング1位。
はじめて聴いたときからパフォーマンスが見たいと思っていた曲でした。クリスマスコンサート、レーザーを浴びながら回る箱の中のA.B.C-Zがパーフェクトすぎて瞬きも惜しいくらいのかっこよさでした。五関くんありがとうございます。
いやいや英語アレンジなんて…原曲が最高なんだからそれでいいじゃん。と思っていた時期もありました。良い曲は英語になっても良いしアレンジされても良い。
テーマパークに入った瞬間のような、JUMPという物語のプロローグを読んでいるような、JUMPの全てが詰まったJUMPアンセム。同じ暗闇にいる事とそこから希望を紡ぐ事の両方を歌ってくれるところがJUMPらしい。いつかドームでみんなで声を合わせて歌う事が私の夢です。
「なんでもない僕からどうやらなんでもなくない君へ」という歌詞を、全然なんでもなくないはずの増田貴久が歌唱力大爆発で歌うことに痺れて恋に落ちました。GReeeeNさんありがとうございます。
かわいい。楽しい。ワクワクする。前向きになれる。とにかく好きな曲です。ブリッジでは、どこまでも伸びる髙橋海人くんのしゃぼん玉切なエモボイスが爆発。ここをたくさんの人に聴いてもらいたいのでサブスク解禁してほしい。
小山くんがこういう歌詞をかくのが意外だった。あなたを知ってしまったからあなたのために生きたい、こっちのセリフです!絶対絶対コンサートで盛り上がるから早く見たい!